健康に安心な美容情報

白髪染めはするな?カラーリングの正しい考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

これをお読みの方が白髪の無い方でしたら何の関係も無い話になるかもしれませんが白髪が出てくると本当に気になるものです。

一言で表せば「歳をとった」「老けた」事を現実的に見てしまう事なのです。

誰でも、若いままでいたいと思います。しかしそういう訳にもいきません。

白髪が出てくると白髪染めは手放す事のできない必要不可欠な存在なのです。

 

白髪染めはいつ頃から始まったのか?

 

過酸化水素が1818年、酸化染料のパラフェニレンジアミンが1863年に発見され、それらの組み合わせによる白髪染めの特許は、1883年にフランスで取得されました。これが、現在の白髪染めの原型と言われています。

日本では現在でも白髪染めのトップメーカーのホーユー当時は水野甘苦堂から大正10年(1921年)に「元禄」という商品が発売されて、白髪染めの時間は一気に30分へと短縮され一般的になりました。

しかしパラフェニレンジアミンの有毒性は、当時においても認識されており、頭皮に対する刺激が強いことに伴う、湿疹やかぶれが課題でした。

その後の絶え間ない研究により現在は刺激の少ない成分も開発されています。

 

白髪染めは髪に良くない?

 

しかし、いくら成分が以前よりは刺激の少ないものになったとはいえ、刺激がゼロになった訳ではありません。中には発ガン性が指摘される物質が含まれています。

一例としては先述したパラフェニレンジアミンがあります。これは少量の接触や飛沫の吸入で、皮膚炎やむくみ、結膜円、鼻炎、気管支喘息など粘膜の障害を起こす可能性があるとされています。

他にもアミノフェノール、レゾルシンは血中の鉄を酸化させ、その結果、酸素が十分に体内に運ばれなくなり、チアノーゼ(皮膚や粘膜が紫色になった状態)呼吸困難などが起こる可能性があるとされています。

 

 

さらに、酸化水素は皮膚への刺激が強く、アレルギー障害や腎臓障害を引き起こす可能性が指摘されています。その他にも●●アミンの様に、名前の一部にアミン、アミノがつくものにはパラフェニレンジアミンと同じ毒性があると言われています。

 

ではどうすれば?

 

とはいえ、髪を染めるにはこれらの成分を使った白髪染めを使う事はどうしても避けられないのです。

天然成分の白髪染めもある事にはあるのですが、染まりが期待通りではなかったりとその効果があまり期待できない事もあります。

本来なら白髪染めをしないのが一番なのですが、それは無理なので現実に沿った方策を考えるしかないです。

 

ホームカラーリングは避けるべき?

 

とは言ってもカラーリングは意外に高価です。必要不可欠なのに高価。考えてしまいますよね?

そんな現状を反映して最近は手頃な価格で家で自分で出来る「ホームカラーリング」が増えてきています。でも、安全性は大丈夫なのでしょうか?

髪の状況は個々で違います。美容室では美容師さんが、染まり具合などを見ながらこれを上手く調整しているのですが自分でやるホームカラーリングの場合はそれが出来ません。

 

 

特に仕上がりの要となる根本のチェックが自分ではなかなか出来ません。ですからホームカラーリングは一般的にかなり強力になっているのです。

それが“染めむら”になりやすいです。また指定された以上の分量を使ったり、長時間塗布する事もあります。そうするとかなりの刺激を与える事にもなります。

結論から言ってホームカラーリングは避けた方がいいです。どうしてもというのでしたら誰か自分以外の人にやってもらうのが一番でしょう。

 

 

とは言っても白髪染めしたい!

 

やはり安全な白髪染めという事になると美容室で染めるのが一番です。

先述したように「正しい染め方」が期待出来る事もありますがもうひとつ、見逃せない事があります。

それは「きちんとした洗髪で白髪染め剤をきちんと除去できる」という事です。

美容師さんは、洗髪のプロです。また実際の頭皮の状態を見られるます。ですから成分を残す事なく除去できるのは大事な事です。

もし、除去できずに皮膚に残っているのは長時間頭皮や髪への刺激があるので非常に危険です。少々高価くても、白髪染めをしたいのなら美容室でするべきだと思います。

 

白髪染めの前に正しい食生活

 

メラノサイトという色素を作る細胞があります。ミネラルを豊富に含む海藻類は、メラノサイトの活性化に効果を見込める食材と言われています。具体的にはワカメや昆布などを食べることで、メラノサイトが活発になる事が期待できます。昔から海藻類は髪に良いといいますが本当なのです。

 

白髪染めの前にストレスを減らそう

 

悩みや気苦労で一気に白髪が増えたという話はよくあるものです。実際にストレスで白髪は増えます。それはストレスで先述のメラノサイトの動きが抑制されるからと言われています。またストレスにより内蔵が正常に働かない場合は体にうまく栄養が行き渡らずに栄養不足で白髪化が進む事は十分考えられます。

 

やはりストレスは万病の元なのかもしれません。

 

簡単に出来る髪のメンテそれは保湿

 

髪の毛の元を作る工場のようなところが毛根付近にあるのですが、加齢と共にその髪の毛の元を作る能力が減っていきます。

そうなると、髪の毛内部のたんぱく質の質の低下、量の減少等により髪の毛がパサパサになっていきます。もちろん先述の食生活の改善やストレスの軽減なども大事ですが手っ取り早く外から補充してあげることも大事です。

T-da care保湿ジェルは国産ヒアルロン酸を中心に天然成分だけで作られていて安全なのはもちろんですが、浸透力もすごいのです。女性・男性モニターからの感想もありますのでぜひご覧下さい。

 

 

あなたの感想をお待ちしております

健康や美容であなたがお困りの事を教えて下さい。

ご質問はこちらから

コメントを残す

*

Translate »