健康に安心な美容情報

なぜ、肌は乾燥するの?またその対策は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 

なぜ、肌は感想するのでしょうか?

 

子供たちの肌は冬でも乾燥せずにツルツルですが私たちの肌はなぜ、乾燥してしまうのでしょうか?

 

私たちの体は成人男性で体重の60%、赤ちゃんになると約80%が「体液」とよばれる水分でできています。

 

私たちは、体の中に水を中に保持する事で生きているのです。

 

しかし、年齢と共にこの水分を保持する能力が低下していきます。60代になると体の中の水分の量が50%まで落ちてしまいます。

 

このように、本来なら体内にキープされるべき量の水分が年齢により不足気味になってしまった事と秋から冬にかけて空気が乾燥する事でさらに肌が乾燥してしまいます。また、冷暖房のエアコンも空気中の乾燥を加速させます。

 

乾燥時に人体に出る症状としては喉が渇く他に、目の乾燥や口の乾燥として現れます。このような状態になると表面的な事だけではなく骨や関節が弱くなったり、内臓の機能が低下したりする事もあります。

 

また、忘れてはいけないのが血液中の水分が減る事により「血液のドロドロ化」が起きます。これは脳梗塞や心筋梗塞にもつながる大変恐いものです。

 

ですから人体の乾燥は注意と対策が必要なのです。

 

肌の乾燥とは?

 

肌の乾燥は先述のように体内の水分が不足した事と、季節や空調設備などの環境による乾燥から起きます。

 

お肌の乾燥は見た目も良くないうえに痒みなどを伴うので精神的にも辛いものです。

 

肌の乾燥はどんな状態なのか?簡単に言えば「皮脂も水分も不足した状態」です。ちなみに皮脂とは肌の皮脂腺から分泌される半流動性の油脂状の物質です。肌や髪をうるおし、乾燥を防ぐ役目をしています。

 

体内の水分も油分も不足しているのが「肌の乾燥」です。

 

 

肌の乾燥をなくすには?

 

なぜ赤ちゃんは体内に大人より多い80%の水分があるのでしょうか?

 

赤ちゃんの体は細胞レベルで見ると最もピュアな状態です。言い換えるならば人間の体として最良の状態なのです。そこからスタートして「死」というゴールまで細胞はゆっくりと劣化していきます。

 

ですから、体を健康な状態にしておくという事は細胞も健康という事であり、細胞内の水分もしっかりと保持されている状態といえます。

 

そのためにやる事は・・

 

①適切に水分を摂る

 

そんな事あたりまえでしょ?って思う方もいるかもしれませんが、ほとんどの人が正しい水分の摂取をしていません。大人が1日に必要な水分は2リットル~3リットルと言われています。

 

必要な水分を例えば1回に1リットルの3回という風に飲んでも効果はありません(少し極端な例ですが)

 

人間の体が吸収できる水の量は、30分間に200cc程度と言われています。ですから先程の極端な例のように1回で1リットルを飲んでも体内に摂取できず体外に排出されてしまいます。

 

 

ですから目安としてコップ一杯程度の水分を何回かに分けて、こまめに摂るのがマルです。

②塩分の摂取を控えめにする

塩分を多く摂ると細胞は浸透圧によって細胞内の水分が流れ出してしまいます。すると細胞の水分量が低下して、水分不足になります。特に外食の多い人は要注意です。このような小さな事の積み重ねで水分は少なくなっているのです。

 

 

③運動を適度にして筋肉をつけて脂肪をつけないようにする

 

脂肪の方が筋肉よりも水分が多いように思いますが、実は逆。脂肪の保水率が10~20%なのに対し、筋肉は75~80%もの水分を含むことができます。

 

 

実は、筋肉量の多い男性の方が、脂肪の多い女性よりも水分率が高いのです。脂肪を減らして筋肉をつければ、体内の水分量を保持する力が高まります。

※出典:『知られざる水の「超」能力――新しい「科学的」水の飲み方入門 』(藤田紘一郎著 講談社+α新書)

 

 

④加湿器などを上手く活用する

 

特に冬の室内は外よりも乾燥しがちです。部屋の大きさにあった加湿器で適切な湿度管理をしましょう。ホテルなどでは加湿器を貸してくれるところも増えていますので乾燥させないようにしましょう。

 

また職場などで自分専用で仕えるマイ加湿器も最近は安価で購入できます。パソコンなどの電子機器に直接霧が当たらないように注意して使いましょう。

 

写真引用:NIKKEI STYLE

 

また超音波の振動で水を霧状にする「超音波式」は、水を加熱して蒸気を出す「スチーム式」に比べカビが発生しにくいのでオフィスのような公の場所では良いかもしれません。

 

 

⑤クリームなどで肌に潤いをプラスしてあげる

 

女性はこのあたりをしっかりとケアしている方が多いですね。男性用も最近はよく売れているそうです。

 

スキンケアの基本的な順番です。

化粧水

乳液

美容液

クリーム

 

この順番でいけば上手く保湿できるようになります。最近はオールインワンの商品も多いので、あなたのライフスタイルや肌に合ったものを選びましょう。

 

モデルさんやメイクのプロなどは実は化粧水の後の乳液に工夫をして使っています。ここで上手く保湿できれば潤いが驚くほど長く保つのです。

 

あなたの感想をお待ちしております

健康や美容であなたがお困りの事を教えて下さい。

ご質問はこちらから

コメントを残す

*

Translate »